重塩害地域の防錆対策に最適な塗装仕様!「アースコート防錆-塗装システム」-長寿命、ライフサイクルコスト削減が可能です!:重塩害地域でも防錆力が認められた塗装仕様「アースコート防錆-塗装システム」はどなたでも取扱いが可能です。登録料、ライセンス取得講習費用、年会費など一切ございません。

2013年10月


 

東京湾岸地区を中心に整備される五輪関連施設へ塩害対策!

2013年10月 1日

~ 塗料界報知の記事から ~

2020年東京オリンピック開催が決まり、これから関連施設の建設や整備が始まります。

都内31の競技会場のうち、11競技場が新設されるのだが、そのうち9ヶ所は海浜地区に立てられる。

そうなると、塩害などの厳しい腐食環境にあるために、耐久性に優れた高耐候性塗料が最適となる。

 

とあります。

高耐候性塗料とは上塗りのことですが、最近はふっ素樹脂塗料の採用が増えてきています。

しかし、見落とされるのが、下塗りの錆止塗料です。

現状の仕様ですと、上塗の塗料に対して、下塗りの錆止塗料の性能が追い付いていないとも言われています。

 

アースコート防錆防食塗装システムは、沖縄という最も条件の厳しい場所で評価を得ている、防錆防食塗装システムです。

 

塩害のある地区に対しては、錆止塗料の差が大きく影響します。

このアースコート防錆塗料は、特徴の一つに、

従来の下塗塗料の変性エポキシ樹脂塗料と違い、それ自体も耐候性があり、透過してくる紫外線による劣化がしにくい

という特徴があります。

圧倒的な防錆防食で、塩害から建物を守ります。

もちろん、上塗りは高耐候性塗料を施します。