重塩害地域の防錆対策に最適な塗装仕様!「アースコート防錆-塗装システム」-長寿命、ライフサイクルコスト削減が可能です!:重塩害地域でも防錆力が認められた塗装仕様「アースコート防錆-塗装システム」はどなたでも取扱いが可能です。登録料、ライセンス取得講習費用、年会費など一切ございません。

アースコート


 

橋梁保全・長寿命化シンポジウム2013 コーディネーター:西川和廣 氏

2013年8月30日
先日、名古屋国際センターにて、「橋梁保全・長寿命化シンポジウム2013」が国土交通省 中部地方整備局主催で行われました。

橋梁保全の現状とこれからの橋梁の長寿命化にむけての課題・問題点に関して、

 基調講演:「積極的な予防保全で延びる橋の寿命」(元国土技術政策総合研究所 所長 西川 和廣 氏)

 講演:「瑞浪市における橋梁の維持管理ついて」

 パネルディスカッション:「橋梁長寿命化への取組と今後の展開について」(コーディネータ 西川 和廣 氏)

という3部構成で行われました。


橋梁保全の現状として、
 ・橋にも団塊の世代があり、これからますます修繕しなくてはいけない橋梁が増えてくる。
 ・橋梁の状態を調査、評価できる人材が少ない。
 ・地方自治体が管理する橋が8割以上を占め、今後、地方自治体の体制が重要になってくる。

これからに関して
 ・橋梁の状態を評価し選別できる体制の確保
 ・適切な処置の判断
 ・新設とは違い、現場により状況が様々であることの認識UP
 ・自治体、建築業団体、民間が協力しあい、全員で保全していく


アースコート防錆・塗装システムが橋梁保全・長寿命化のお役に立てると確信しました。

塗装も上塗の性能の良いものは開発されています。
しかし、錆止め塗料に関しては、逸脱した錆止ではありません。

上塗性能がよくても、下地処理と防錆塗装が十分でないと、上塗の性能は発揮されません。

まさに、そこに答えをもっているのがアースコート防錆・塗装システムです。

これにより、ほんとの長期防錆が可能となり、橋梁の長寿命化が可能となります。

 

 

11/21橋梁新聞第1154号にアースコートが紹介されました

2012年12月12日

平成24年11月21日付けの橋梁新聞第1154号にアースコート防錆-塗装システムが紹介されました。

20121121newspaper.jpg


 

記事の内容は、

三重塗料が「アースコート防錆-塗装システム」を全国展開中!

 

このアースコートは橋梁など鋼構造物の塗替えに、工期短縮と高耐久性を実現した錆転換型防食システムである。

 

専用の防錆前処理剤で錆を安定化し、その上で特殊変性エポキシ樹脂系の防錆塗料で安定した防錆塗膜を形成し、従来工法以上の防錆力を発揮する。

橋梁など鋼構造物の塗替えには、素地調整が重要であるが、もっとも効果的である1種ケレンのブラスト工法は騒音や砂の発生など、周辺環境への負担が高く、コストも高くなる。

それが、2種・3種ケレンでも錆転換型であるためにそれ以上の防錆力をもつ施工が可能である。

さらに、速乾性であるため、素地調整から防錆塗装まで1日と施工期間の短縮も可能である。

従来工法より初期費用は3割近く削減でき、産業廃棄物の発生も抑制、周辺環境への安全が高まる。

 

耐久性は沿岸部など塩害に苦慮する地域での評価が高いことからも実証済み

 

なお、アースコートシステムの材料の使用には、加盟料、保証金、講習費などは必要なく、責任施工体制等の縛りを設けていない。

 

となっています。

 

 


 

 

10/24塗料界新報に紹介されました。

2012年10月30日

業界新聞である塗料界新報の2390号(10月24日)にアースコート防錆-防錆システムが紹介されました。

20121024newspaper.jpg



記事は、

『アースコート防錆-塗装システム』を国土交通省の新技術活用システムNETISに登録された。

と、始まり、

アースコート防錆-塗装システムを沿岸部などの錆の発生しやすい環境でも長期に耐えうる錆止め塗料を用いた塗装システムと紹介。

 

その内容は、次のように続いています。

 

防錆塗料として

 鋼材面に対する表面処理技術

 錆を転換させる技術

 防錆剤の柔軟性技術

を駆使し、錆を発生さえることを圧倒的に遅らせることに成功。

 

特色として、

・1種ケレンが必要であった場合にも、2種、3種ケレン程度で塗装できる錆転換型防錆塗装システム

・防錆前処理剤と防錆塗料が錆成分と強固に反応(錆転換)することで、錆の進行を抑制・固着し、安定皮膜を形成し、従来の塗装システム以上の防錆力を発揮

・速乾性により工期短縮

・ブラスト不要により砂塵の発生はなく、産廃処理の軽減

・仮設足場コストの低減

・有害重金属を含まない安全性

 

その評価は、沖縄県での重塩害地域にあるプラントタンクは、塗装後7年経過しても、「塗膜はピンピンした状態」である。

 

橋梁、電力会社等の重塩害地域のタンク、プラント、鉄塔、食品会社の工場、など、環境に配慮しながら、ライフサイクルコスト低減に資する塗装システムとして、アースコート防錆-塗装システムは注目です。

 

なお、この塗料は全国の塗料販売店が取り扱える体制を整えております。

 


 

 

10/17塗料報知新聞にアースコート防錆システムが紹介されてます。

2012年10月22日

業界新聞「塗料報知」10月17日(第4005号)に、アースコート防錆-塗装システムが紹介されています。

20121017newspaper.jpg

 

 


(新聞記事画像をクリックすると、別ウィンドウに拡大されます)

 

見出しは、「前処理剤でサビ転換 国交省NETISに登録」とあり、

 

概要として、

 ジンクリッチペイントを使用しなくても高い防錆効果が期待できるサビ転換型防食塗装システム

 今年3月に、国交省の新技術情報提供システムNETISに登録された(登録番号KK-110056-A)

と紹介されています。

 

記事内容はおおそよ以下のようにあります。

 - 防錆前処理剤でサビを安定化(サビ転換)させ、塗布量200g/㎡でドライ膜厚120μを実現した変性エポキシ樹脂系の特殊防錆塗料で、従来の塗装以上の防錆力

 - 1種ケレン並みの下地処理が2種、3種ケレン程度で済み、塗料も速乾性なので、素地調整から防錆塗装まで、最短で1日でできる

 - イニシャルコスト28%、トータルコスト56%のダウンが可能(500㎡施工において)

 - 有害重金属を含有せず、VOC発生量は43%減、ブラスト不要により産業廃棄物の軽減、環境、人的な安全性の向上

の特長

 

適用範囲は

 鋼構造物全般(橋梁上部工、プラント鋼製タンク、基礎コンクリートとの境界部、道路施設、建築物内外装等の長期防錆が必要な個所)

 沿岸部や重塩害地域で耐塩害仕様あり。

 

このシステムの取扱いについて

 加盟料、保証金、年会費、講習費などなく、材料販売のみが可能。

 

是非とも、防錆、防食でお悩みの方、また、そのような方を知っている方はどうぞ!

 

問い合わせはこちらから

 

   ask.jpg


 

 

沿岸部など重塩害地域でプラント、鉄塔、橋梁の鋼材面の耐塩害対策にアースコート!

2012年10月17日

沿岸部や重塩害地域でのプラント、鉄塔、橋梁などの鋼材面の錆対策、耐塩害対策の仕様として、「アースコート防錆-塗装システム」は最適です。

 

日本の中で最も鋼材腐食環境が厳しいところの一つが沖縄です。その沖縄県内において、多くの施工実績があり、沖縄電力株式会社の鋼製タンクもアースコート標準工法で施工しております。

その鋼製タンクは2012年で7年経過しましたが、その状態は密着性、防錆性は問題なく、腐食もせずに美観も良く維持しており、高い評価をいただいております。

 

アースコート防錆-塗装システムは錆転換型防食塗装システムで、鉄錆は錆転換(固定化)する事ができ、錆面や鉄面に防錆皮膜(キレート皮膜)をつくり、長期の防錆力を発揮します。

標準工法(耐塩害仕様)では、EARTH COAT 防錆塗料を2回塗りすることで、塗膜中のピンホールを減少させ、物理的にも防錆性が高いのです。

また、JIS Z 2371 の塩水噴霧試験においても、1000時間でも異常なし。

このアースコートで、しっかりした下地作りが可能です。

 

いくら高級な上塗塗料を用いたとしても、下地がしっかりしていないと、上塗塗料の性能を最大限に引き出せません。

 

このアースコートシステムの完成で、重塩害地区への対応も可能となりました。

 

特別な施工体制での材料ではなく、どなたでもご使用できますので、お気軽にご相談ください。

 

 

アースコートはNETISに登録されています。

NETIS登録番号 KK-110056-A

netis.JPG


 

前の5件 page:1  2  3  4  5  6